〒444-0813 愛知県岡崎市羽根町東荒子79-2
ABホテル2軒東隣り

電子トリートメント

電子トリートメント

ツヤがほしい、うるおいがほしい、指通りのよい髪になりたい…!
そんなあなたにぜひともおすすめしたいのが、当店の電子トリートメントです。

美容師も「トリートメント」を実は知らない…

3年前に、妻のキラ肌おかみが美容学校を卒業しました。
美容師になるための勉強をしてきたわけですが、彼女に僕は質問してみました。

「リンスとトリートメントの違いは?学校ではなんて教わったの?」

「えーーーー!そんな、サラっとしか触れなかったよ。国家試験にも出ないんじゃないの??
リンスは髪の表面に付着して髪のコンディションを整えるもの。トリートメントはリンスよりもコンディショニング効果が高く、髪の内部まで浸透するもの…だったかな??」

そうなんですよね。

世の中の美容師さんたちは、自分も含め、実はしっかりと学校でトリートメントについて教わってないんです。でもお客様には美容師は必ずと言っていいほど、サロン(現場)でトリートメントを施術するし、自宅でもお客様に使用してもらいたいとおすすめしますよね。そのお客様におすすめするときのトリートメントの知識はどこで学び培ったものかといえば、おそらくほとんどの美容師さんが、国家資格を取るときの勉強ではなく、トリートメント(製品)のメーカーの勉強会なんですね。
そして、それは何を意味するかというと、その製品を使うといかに理想のヘアスタイルが実現可能であるか、とか、美容師がトリートメント使用する際にどのくらい扱いやすい製品であるか、ということがトリートメントのセールスポイントになっていることが多く、ハッキリ言ってメーカーは、美容師に選ばれる製品作りをしてきているんです。製品主導の勉強です。

よくありがちな一般的なサロンでの会話で、美容師が
「髪が傷んでますね。トリートメントでつやつやにしましょう。」って言いますよね。

一般的なトリートメントは“髪をツヤツヤにする”ことにだけフォーカスしてます。それも一瞬です。

またしばらくして美容院に行って美容師が言います、
「前回のトリートメントが取れてますね。今日もトリートメントしましょう。」

こうやって、“トリートメント地獄”にハマっていくんです。美容院を出るときが最高の状態で、またパサパサになるから美容院に行って、もっとトリートメントを塗る…!

これは一瞬の手触りを追求した結果の「トリートメント」であり、一瞬の髪のスタイリングだけにフォーカスしてきた「トリートメント」なんです。
美容師もこれが髪をトリートメントすることだと当たり前に思っているし、こういうトリートメントの仕方が髪を修復することだと本気で信じこんでいます。美容師さんに罪はないのです。それしか知らない美容師がほとんどだし、お客様に良かれと思ってやっているのです。

僕も実際そうでした。

傷んだ髪にはトリートメントが必要で、髪内部までトリートメント成分をしっかり浸透させてコートする。それでまたしばらくしてトリートメント剤が抜けてくるので、もっといいトリートメントがあれば(強力な新製品が出ればそれを)使用する…の繰り返し。ただいつも疑問だったのは…
「それにしてもどうしてお客様は、トリートメントを繰り返しても、時間が経つと、さらにパサパサなダメージヘアになってしまうんだろうか?来店のたびに、こんなにもキューティクルがはがれて、髪自体が薄くなってきてしまうんだろうか??」

髪の毛を外から中へ修復しようとしない、新しい発想のトリートメントとの出会い
それが、電子トリートメントでした

とにかく傷んだところを覆ってツヤを出そうとする、そういう製品力にたよったトリートメントがこれまでの業界では当たり前で、普通でした。トリートメント剤は時代とともにどんどん進化し、そこはミクロなまでに化学製品が凝縮された世界でした。まさに化学薬品を、髪に浸透させるといって長時間髪や頭皮にのせるわけですね。

より自然に近い形で、健やかな頭皮や髪でありたいと願うキラリのお客様に、身体にも安心して使用できるトリートメント剤はないものか、お客様の頭皮や髪の健康にフォーカスした時、僕は
「電子トリートメント」という考えに共感したのです。

電子トリートメントとは、イオン化されたミネラル栄養水で髪を乾燥から救う=うるおった髪になると自然と髪の中から本来のツヤがでてくる、という発想のトリートメントです。

子どもの時には持っていた「天使の輪」が、大人になってくると無くなってくるのはどうしてなのか?
それは髪自体がうるおいを抱きかかえられなくなり、外気のダメージによって乾燥が進んでしまうからです。
髪は頭皮から生えています。頭皮の健康は髪には大きく左右します。大人になるにつれ、頭皮は固く、栄養も届きにくくなってきます。
健康な髪にフォーカスしたら、トリートメントこそ、身体に安心安全なものを使用すべきです。

これまでのトリートメントと電子トリートメントの発想の違い

マスターリュージ

髪は死んでいる細胞です。髪を切るたびに痛みで泣く人はいません。髪は皮膚とは違い、感覚がない細胞なのです。したがって、外からの影響をすごく受けます。紫外線、外気の乾燥、激しいブラッシング、間違ったシャンプーやトリートメント…などです。これまでのトリートメントでは、髪に薬品を入れて手触りを良くして、さらに髪をコートしていくのが普通でした。それでは髪はその時はハガネのようにコシが出て、ツヤももたらされますが、また日常に、紫外線や外気の乾燥をうける度に化学変化が起き、またブラッシングなどの摩擦が加わるたびに形状変化を起こしてしまいます。髪はトリートメントが強力であればあるほど、トリートメントをする以前よりも、さらにキューティクルが損傷し、ますます細く弱いダメージヘアになってしまいます。

和食の際に使用する乾燥わかめってありますよね。あれにワックスやオイルなどを直接塗ってコーティングしてツヤを出すようなものが、従来のトリートメントです。
電子トリートメントは乾燥わかめを水でもどしてぷるんぷるんのわかめにするようなものなんです!

髪は死んでいる細胞なので毎日のダメージですぐに“乾燥わかめ状態”になります。当然です。でも、またぷるんぷるんのわかめに、日常的にもどしてあげればいい。そこに化学薬品の負担は一切ありません。電子トリートメントは、毎日の中で失われてきたミネラルや水分を補うだけなので。とってもシンプルな考え方です!

M3.5の原料は「海洋深層水」と「野生植物」から採った天然ミネラル。それに電荷を持たせイオン化しています。アミノ酸よりもっともっと小さい電子レベルで作用することによって髪と肌(角質層)の内部にしっかり浸透し、みずみずしくなります。M3.5の原料は「海洋深層水」と「野生植物」から採った天然ミネラル。それに電荷を持たせイオン化しています。アミノ酸よりもっともっと小さい電子レベルで作用することによって髪と肌(角質層)の内部にしっかり浸透し、みずみずしくなります。
  • 肌も髪も、日頃からメイクや紫外線、エアコンなどでダメージを受けています。(水分が蒸散しています)

  • 洗顔後または洗髪後、電子トリートメントを行うと、しっかり中まで水分補給が行われます。

  • 芯から水分が補給された肌や髪は、透明感にあふれしなやかになり、本来のツヤを放ちます。

電子トリートメントの原料は「海洋深層水」と「野生植物」から抽出した天然ミネラル、それに電荷をもたせイオン化したものです。アミノ酸よりもっともっと小さい分子レベルで作用しますので、髪や肌(角質層)の内部にしっかりと浸透し、みずみずしくします。

傷んだ髪の内部は、酸化により電子を失いプラス電位に傾いています。電子トリートメントをスプレーするとイオンバランスをとるため電子は水分・ミネラルと一緒に髪の内部へ移動し、浸透します。水分が補給された髪は膨張し太くなり、ツヤも良く、キューティクルも整い手触りもよくなります。
髪を内部から補修しているので充分な満足度を得る事ができます。

サロンでは集中的に。でも基本は日頃から、毎日化粧水感覚で行っていただくトリートメント法です

電子トリートメント
4,000円
※オプションメニューとなります

※価格はすべて税別です。

まずは無料でお試し下さい(要予約)

営業時間

平日10:00〜26:00
土日祝10:00〜20:00(最終受付19:00まで)
定休日:第3月曜日

ページのトップへ戻る